日本料理との違い

もはや日本には欠かせない料理となったイタリアン。遠い国、イタリアの料理ですが、日本人にはとても好まれる料理です。
好まれる理由は多数ありますが、まずひとつ目はとても親しみやすいという点です。イタリア料理の味は日本人にもとても受け入れられやすい味付けで、老若男女を問わず幅広い層に好かれています。
もう一つの理由は、フレンチや中華料理などの他国の料理はレストランなどでしか食べられず、家庭では食べられないものですが、イタリアンは日本の一般家庭でも手軽に作れる、再現しやすい料理であるという点です。

本場のイタリアでは家庭料理とされていて、気軽に食べられる理由はそこにありますが日本とはやはり少し違うスタイルでの食事を好みます。前菜、メイン、副菜、デザートが順番に一皿ずつ出てくるスタイルです。

では、イタリア料理でパスタと並び有名なピッツァは前菜、副菜、メインのどの部分に属すのでしょう?実はピッツァはどの部分にも属していません。
ピッツァはそれ一枚で完成されているとされており、1人1枚を1食として楽しむのがイタリア式。まれに前菜で小さなピッツァが振る舞われる場合がありますが、日本のようにシェアして楽しむという事はないのです。