日本料理との違い

もはや日本には欠かせない料理となったイタリアン。遠い国、イタリアの料理ですが、日本人にはとても好まれる料理です。
好まれる理由は多数ありますが、まずひとつ目はとても親しみやすいという点です。イタリア料理の味は日本人にもとても受け入れられやすい味付けで、老若男女を問わず幅広い層に好かれています。
もう一つの理由は、フレンチや中華料理などの他国の料理はレストランなどでしか食べられず、家庭では食べられないものですが、イタリアンは日本の一般家庭でも手軽に作れる、再現しやすい料理であるという点です。

本場のイタリアでは家庭料理とされていて、気軽に食べられる理由はそこにありますが日本とはやはり少し違うスタイルでの食事を好みます。前菜、メイン、副菜、デザートが順番に一皿ずつ出てくるスタイルです。

では、イタリア料理でパスタと並び有名なピッツァは前菜、副菜、メインのどの部分に属すのでしょう?実はピッツァはどの部分にも属していません。
ピッツァはそれ一枚で完成されているとされており、1人1枚を1食として楽しむのがイタリア式。まれに前菜で小さなピッツァが振る舞われる場合がありますが、日本のようにシェアして楽しむという事はないのです。

本場のイタリアンとは

最近、日本の食事事情に深く浸透しているイタリアンと呼ばれるイタリア料理。他国の料理ですが、代表格の料理であるパスタなどは昼食、夕食を問わずに食べる機会があるほどに日本人に広く好まれています。
イタリアンは日本の家庭料理としても作りやすく、また味付けも日本人の口にあうものなのでとても好まれているのですが、では、本場イタリアではこのイタリアンはどのように食べられているのでしょうか?

日本料理に前菜、メイン、汁物、などの種類があるように、イタリアンにも当然コースのように一つ一つ種類を持っています。日本と一番違う面は、日本料理は何皿もの料理が一度に運ばれてきて食事を食べるものですが、イタリアではアンティパストと呼ばれる前菜からメイン料理と一皿ずつ料理が出てきます。

なぜ前菜とメインが別に出てくるのかと言いますと、これにも理由がありパスタなどのメイン料理は作るのに時間がかかる上、出来立てが一番美味しいものです。ですから、パスタを茹でている間に前菜を食べる、というのがイタリア流です。
日本ではあまり前菜を食べている間にメイン料理を調理するという事はあまりありませんから、ここが国ごとのスタイルの面白さとも言えます。

イタリアンとは?

現在の日本の食事には和食だけでなく洋食、中華などのさまざまな種類があります。ですが、最近では単に和食、洋食、中華のみならずフレンチやイタリアンなどといった特定の国の料理を指す選択肢も増えました。
そして特にこれらの中でより好まれているのが「イタリアン」です。

イタリアンとは主にイタリアの料理を指しますが、イタリア料理が日本人に好まれる味付けがされている事と、カジュアル、おしゃれなイメージを合わせ持っているため気軽に高級感が味わえる、という点でとても人気なのです。
イタリアンの持つ雰囲気はとても親しみやすいところがポイントです。ドレスコードやとても高級なイメージのあるフレンチなどのなどよりも好感を抱く人が多いのが事実です。
そしてもう一つ、フレンチや中華と違いイタリアンは日本家庭でも気軽に作れるという点が好まれる理由の一つにもなっています。フレンチや中華を自宅で作ろうとすると、材料を揃えるのにも一苦労です。

レストランでしか食べられないイメージのある他国の料理よりも、手軽に出来る食事として私達の昼食や夕食のメニューに並ぶイタリアンの方が幅広い年代、性別に好まれるのです。
では、イタリアンと呼ばれ親しまれるイタリア料理とは、本場のイタリアではどのように食べられているのでしょうか。イタリアンをもっと身近に楽しむ為に、イタリアでのイタリア料理の楽しみ方を知っておけば、自宅でも簡単にイタリア料理を楽しめるようになります。